ロコモティブシンドローム

加齢とともに骨・関節・筋肉などが衰え、将来的に歩けなくなる状態が「ロコモティブシンドローム」通称“ロコモ”。“メタボ”に続き要介護の原因となる、新たな国民病といわれています。いつまでも自立した生活を送り健康寿命を延ばすためには、40代からの対策が必要です。運動器が衰える仕組みから、見直したい生活習慣、ロコモ予防運動などをご紹介します。
※この記事は2012年09月のものです。