加齢と目の疲れ

眼精疲労は目の痛みやかすみ、充血といった目の症状だけでなく、肩こりや頭痛、全身の疲労感までも引き起こします。40代以降の人の疲れ目や眼精疲労の原因で最も多いのが、目の調節力の低下による老眼。老眼は40歳を過ぎた頃から始まりますが、目の調節力の低下自体は、もっと若い年代から始まっています。正しい知識で適切なケアを行い、目によい生活を送りましょう。
※この記事は2012年9月のものです。