Q07 タイプ別に有効なセルフケアとは?

行動パターンに注意し、ポイントを押さえたケアを

バランスのよい食事を摂り、規則正しく生活することがダイエットの基本ですが、タイプ別にとくに気をつけたい事項もあります。
固太り……勢いよく物事に取り組む気質があるので、食事面でも早食いになりがち。胃腸が丈夫で、暴飲暴食傾向があるのでゆっくりよくかんで食べる習慣をつけましょう。また、体力があることからいきなり激しく運動してアクシデントを起こしたり、サウナに長時間入って脱水状態や脳血栓を起こす可能性もあるので、過信をせず自分の状態を把握した上でダイエットに取り組むことが肝心です。
水太り……新陳代謝が高くないことから、食事量が多過ぎなくても太りやすい傾向に。睡眠不足や食事を抜くなどで生活リズムが乱れるとすぐに体のバランスが崩れ、水はけが悪くなってむくみやすくなります。とくに塩分の摂り過ぎや夜遅い食事を避け、生活リズムを整えることが大切です。また、冷えるとさらにむくむので、冷房や冷たい食べ物には気をつけましょう。