Q08 生活習慣病に有効な漢方薬は?

防風通聖散や防已黄耆湯、大柴胡湯など

メタボリックシンドロームは、漢方で診る一種の「未病」の状態。内臓脂肪の蓄積により体のバランスを崩している状態にあり、この根本を解消しなくてはやがては大病につながります。「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」や「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」には内臓脂肪や血中脂質の減少効果があり、脂質異常症などの生活習慣病には「大柴胡湯(だいさいことう)」などが有効であることが分かっています。治療が長期にわたる糖尿病などには、副作用が少ない治療薬としても注目されています。