手荒れ・肌荒れ

皮膚の保湿機能が低下するため、冬は肌トラブルが起きやすい季節です。特に皮脂腺のない手のひらや足の裏、入浴時に必要以上に洗ってしまう下腹部やすねなどは、乾燥しやすい部位といえます。手荒れ・肌荒れ対策の基本となるのが"保湿"です。入浴や家事などで水を使用した後、すぐに保湿剤を塗ることで、皮膚の水分量を保つことができます。また市販の皮膚治療薬には様々なタイプがあるので、症状や塗布する部位により使い分けましょう。
※この記事は2013年1月のものです。