Q05 生活習慣病も骨粗鬆症の原因になるの?

糖尿病や腎臓病などが引き金になることも

喫煙や飲酒などの他にも、生活習慣病が骨粗鬆症の原因になることがあります。糖尿病や腎臓病になると、骨を構成するタンパク質が不足・変質することで骨量が減少し、骨折を起こしやすくなります。こうした原因から骨粗鬆症は男性にも発症することを知り、早期に対策を行っておくとよいでしょう。