Q12 ダイエットと骨粗鬆症の関係は?

ダイエットも骨粗鬆症のリスクを高めます

最近では、若年層による無理なダイエットや、偏食による骨量減少が問題視されています。ダイエットや偏食を繰り返すことは、骨量減少の原因となる低体重や女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少を招きます。その結果、骨粗鬆症になる可能性を高めてしまうのです。