Q03 睡眠のメカニズムは?

浅い眠りと深い眠りを繰り返します

人の睡眠にはリズムがあり、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類の睡眠を交互に繰り返しています。
●レム睡眠……浅い眠り。1回20分程度で、その間にストレスの処理や記憶の整理を行う。脳は活発に働き、覚醒に近い状態にある。夢を見るのもこの間。
●ノンレム睡眠……深い眠り。成長ホルモンの分泌や免疫機能に関与。ノンレム睡眠の中でも浅い睡眠のステージ1と2、深い睡眠の3と4がある。深くなるほど脳は休息状態になる。
入眠後はノンレム睡眠のステージ1から順に深くなり、そこから再度浅くなってレム睡眠に移行します。これを睡眠サイクルといい、約90分の周期で一晩に3回から4回繰り返します。
睡眠の前半は深いノンレム睡眠が、後半には浅いノンレム睡眠が多くなり、朝に向かって覚醒しやすいリズムをつくっています。
体をつくる成長ホルモンなどはステージ3と4の深い睡眠の間に分泌されます。そのため、よい睡眠には、特にこれらのステージが多く現れる初めの2サイクルに当たる、就寝後3時間が重要とされています。

【高齢者と睡眠】

高齢者になるとステージ3から4、つまり深い部分がなくなり眠りが浅くなります。また、睡眠サイクルも短くなるため、中途覚醒が増えます。このような変化は加齢によって起こる自然なものですので、心配はいりません。「眠れない」という不安はさらなる不眠の原因となりますので、変化を受け入れることが大切です。