Q09 その他、睡眠のトラブルにはどのようなものがあるの?

眠気が強い過眠症や睡眠関連運動障害など

夜、寝ていても昼間に強い眠気が生じる「過眠症」には次のようなものがあります。

●ナルコレプシー……昼間、人と話していたり、大切な場面であっても突然眠り込んでしまう睡眠発作を起こす。睡眠発作以外にも入眠時の幻覚や、笑ったりびっくりすると全身の力が抜けてしまうカタプレキシー(情動脱力発作)、夜の睡眠障害などが起こる。
●特発性過眠症……1日中強い眠気がある。昼寝をしてもすっきりしない。
●周期性過眠症……周期的に日中眠い時期がある。症状が現れる期間は2週間程度で、数カ月ごとに起こる。
その他、次のような運動障害も睡眠障害の1つです。
●むずむず脚症候群……眠ろうと思うと脚の内側を虫が這っているような感じがする。
●周期性四肢運動障害……眠っている間に、脚がビクビクっと動く。
これらの症状の改善には、生活指導や薬物療法などが用いられます。