Q03 ウォーキングにはどのような効果があるの?

全身の健康維持・増進に役立つ有酸素運動です

ウォーキングは誰でも手軽に始めることができる有酸素運動です。有酸素運動とは、体に過度の負担をかけることなく、酸素を取り込みながら行う全身運動のこと。ウォーキングを継続することで、次のような健康効果が期待できます。
●ダイエット・肥満解消……取り込んだ酸素を細胞や組織に行きわたらせ、効果的に体脂肪を燃焼する。
●体力の増強……循環器が鍛えられ、心肺機能が向上することで体力がつき、疲れにくくなる。
●肩こり、腰痛の改善……血行がよくなり、疲労物質の代謝が促される。
●自律神経を整える……呼吸を意識的に行うことで交感神経、副交感神経が刺激され、バランスが整う。また、血行がよくなり、リラックス効果が得られる。
●便秘解消……血行と新陳代謝がよくなり、消化器官の働きが活発になる。

【脳の健康にも役立つウォーキング】

有酸素運動を一定時間行うと、脳に酸素が行きわたり頭がすっきりしてきます。また、幸福を感じるホルモンであるセロトニンが分泌され、精神の安定が得られます。外を歩くことで気分転換になるなど、ウォーキングはストレス対策にも有効です。さらに、ウォーキングを続けることで認知機能が改善することや認知症予防にも効果的であることが分かっています。