献血

献血は輸血医療を支える大切なボランティア活動で、私たち一人ひとりの理解と協力が求められています。献血者が安全に無理なく採血できるよう、安全確保基準が設けられており、採血前の検査で血色素量(ヘモグロビン濃度)が基準に満たないと、献血することができません。普段貧血の自覚症状がなくても、鉄不足が解消されることで疲れにくくなるなど体調の変化が見られますので、放置せず、食生活などを見直しましょう。
※この記事は2013年11月のものです。