Q11 かぜの予防法は?

ウイルスを遠ざけ抵抗力をつける

かぜの予防は、(1)原因となるウイルスを遠ざけること、(2)体の抵抗力をつけることの2つがポイントとなります。体の抵抗力が十分にあれば、ウイルスが鼻やのどの粘膜に付着してもかぜをひきにくく、ひいた場合も軽く済ませることができます。
そのために、うがいや手洗いを習慣にし、日頃から十分な休養と睡眠、栄養バランスのよい食事、適度な運動を心がけ、体力を高めておくことが大切です。また、ストレスは自律神経の働きを乱し、免疫力を低下させる大きな原因となります。自分なりの工夫でストレス解消に努めましょう。
インフルエンザや肺炎の予防には、予防接種も有効です。インフルエンザが流行のピークを迎えるのは、毎年12月~2月頃。なるべく早めに予防接種を受けるようにしましょう。特に高齢者や基礎疾患のある人は、かかった場合に重症化しやすいので、積極的に接種することをおすすめします。