Q06 正しい手の洗い方は?

指の間や爪の周りも忘れずにこすり洗いを

手洗いの目的は、手についたウイルスを洗い流すことです。手を洗う時には、石けんを使って、手のひらと手の甲全体から手首まで、洗い残しがないように15秒以上かけてこすり洗いをしましょう。特に次の部位は洗い残しやすいので注意してください。

●指の間
●爪の周り
●親指のつけ根
●手首

感染症を予防するために、特に食事の前、トイレの後、帰宅時には、必ず石けんで手を洗う習慣を身につけましょう。