Q10 腸の健康は心の健康に関係するって本当?

腸と脳は相互に関係しています

腸には脳に次いで多くの神経細胞が存在し、腸独自の判断で働いています。これが、腸は「第二の脳」といわれる理由です。
また、腸は脳と密接にかかわり合っています。脳がストレスを受けると自律神経を介して腸に伝わり、便秘や下痢などの不調をもたらします。逆に、下痢や便秘などの腸の不調は脳にストレスを与え、心の不調にもつながります。これを「腸脳相関」といいます。そのため、腸の健康は間接的に心の健康にもかかわってくるのです。
このことから、腸内が健康だと脳に与えるストレスも少なく、人は調子がよくなるといえます。調子がよいと腸の健康も保たれ、善玉菌がNK細胞に刺激を与えて免疫力を高めるなどの好循環を生み出します。