Q05 乗り物酔いを起こしやすい要因は?

体調不良や不安感など様々な要因があります

同じ乗り物に乗っても、酔う人と酔わない人がいます。また、同じ人でも酔う時と酔わない時があります。
それは、揺れやスピードなど乗り物に乗ることで受ける刺激の「限界」が人それぞれ、その時々で違うからです。乗り物酔いは様々な要因が重なり、その人の限界を超えた時に起こる症状です。主な要因には次のことが挙げられます。

●体調不良……睡眠不足や疲労など。
●体質……低血圧や、前庭小脳をコントロールする力が不安定など。
●不安やストレス……乗り物に対する苦手意識や緊張感からくる心理的負担。
●慣れない動き……未経験や慣れない揺れ、スピードを受ける環境。

乗り物酔いを防ぐには、これらの要因をできるだけ解消することが大切です。
ただし、20歳を過ぎても頻繁に酔って嘔吐したり、突然酔いやすくなったりした場合は、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。一度、医療機関を受診しましょう。