生活習慣病対策に 中性脂肪とEPA

中性脂肪の過剰は、動脈硬化をはじめ様々な病気を引き起こす原因になります。中性脂肪を減らし、生活習慣病を予防するには食事を中心にライフスタイルを見直すことが大切です。魚の油などに含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は、中性脂肪値を改善するなど、生活習慣病の予防に役立つ成分として注目されています。上手に取り入れましょう。
※この記事は2015年6月のものです。