Q12 EPAを配合した市販薬もあるの?

EPA製剤の市販薬があります

現在、市販薬として中性脂肪対応のEPA製剤が登場しています。使用の対象は、健診などで中性脂肪が正常値よりやや高め(150mg/dL以上、300mg/dL未満)と指摘された人で、早めの対処により中性脂肪値を下げ、動脈硬化を予防・改善することを目的としています。医療用に使われていた成分を市販薬に転換した薬で「要指導医薬品」であるため、購入の際は薬剤師からの説明が必要となります。
魚が苦手な人や健康のためにより効果的にEPAを摂りたい人などには、EPA含有のサプリメントや特定保健用食品(トクホ)の利用もおすすめです。EPA製剤とサプリメント、トクホの違いは成分の純度にあり、製剤のEPA濃度は95パーセント以上なのに対し、サプリメントやトクホは一般に10パーセント程度といわれています。いずれも利用する際には、生活習慣の改善を併せて行うことが大切です。