Q02 ワクチンが効くメカニズムは?

ワクチンによって体内に抗体などがつくられます

私たちの体には、ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入(感染)しても排除する仕組みが備わっています。これを「免疫」といい、排除する力を「免疫力」といいます。さらに1度感染した経験があると、再び同じ病原体が侵入してきた時に素早く排除できるようになります。予防接種の目的はワクチンを使って、発症させずに、安全に免疫力をつけることです。ワクチンは体内で次のように作用します。