Q08 夏バテを予防する上手な水分補給は?

常温に近い飲料をこまめに飲むことです

夏の水分補給で大切なことは、大きく2つあります。1つは、胃を冷やして消化能力を低下させないために、冷たい状態で飲み過ぎないこと。そしてもう1つは、一度にたくさんの水分を摂らないで何度かに分けて摂ることです。正しい水分補給の仕方は次の通りです。

●屋内……クーラーが利いている部屋にいても、半日(4~5時間)で500ミリリットルのペットボトル1本分の水分をこまめに飲む。
●屋外……屋外で体を動かしている場合は、多量の汗と共に塩分も失われる。スポーツドリンクなど塩分の含まれている物をこまめに飲む。

ただし市販の清涼飲料水には糖類が多く含まれているため、大量に飲み続けると、急性の糖尿病(ペットボトル症候群)になる可能性があります。飲み過ぎないようにしましょう。また、夏バテ予防ドリンクを手作りするのもおすすめです。