Q01 膝関節の仕組みと働きは?

体重を支え、歩行などの動作を可能にしています

膝関節とは、太ももの骨(大腿骨)、すねの骨(脛骨)、膝のお皿(膝蓋骨)が接する部分のことです。それぞれの骨が接する面は厚さ3~4㎜の関節軟骨で覆われ、その間にある半月板と共に膝にかかる衝撃を吸収し、滑らかな動きを可能にしています。これらの骨は靭帯で結びつけられ、太ももの筋肉(大腿四頭筋)に支えられることで安定感を保っています。