Q05 かぜが重症化しやすい人は?

高齢者など免疫力が低下している人です

ウイルスは集団生活や人混みの中で感染する機会が増えるため、誰でもかぜをひく可能性があります。しかし、ウイルスが体内に侵入しても、かぜをひくかどうかは、その人の免疫力とウイルスの力のバランスによって決まります。
免疫力とは体に備わっている防衛力のこと。免疫力が弱い高齢者や乳幼児、妊婦、基礎疾患を抱える人はかぜをひきやすく、重症化しやすいといえます。さらに睡眠不足や疲れている人も免疫力が低下しているため注意が必要。ウイルスは誰にでも感染する可能性があることから、うがい・手洗いによって日頃からウイルスを体内に入れない対策が欠かせません。