Q05 鉄不足は爪でも分かるの?

爪は鉄不足の状態を知るバロメーターです

爪は指の末端の血液状態を確認することができる部位です。鉄不足になると、本来ピンク色をしている爪が白く見えるようになります。その状態を放置しておくと、爪に横線が入ったり、爪がスプーンのように反り返ったり、弱くなってはがれたり、溝ができて凸凹になったりします。爪は鉄不足の状態を知るバロメーターともいえます。