Q12 その他、生活で気をつけることは?

ストレスをためないこと、軽く運動を行うことです

暴飲暴食やストレスの多い生活をしていると、鉄の吸収を妨げて、鉄不足が進行してしまいます。次の点に注意して生活するよう心がけましょう。
●よくかんで食べ、食べ過ぎない……胃腸の働きが悪いと鉄の吸収が低下する。胃腸に負担をかけないようにするため、食事はよくかんで食べ、食べ過ぎないように注意する。
●ストレスをためない……胃腸はストレスの影響を受けやすい。ストレスがあると食欲不振や胃の機能低下を招き、鉄の吸収が低下する。自分なりのストレス解消法を身につける。
●軽めの運動を心がける……運動すると新陳代謝が活発になり、赤血球の生成が促される。ウォーキングなどの有酸素運動を1日30分、週3回以上行うとよい。

献血できる体をつくろう

せっかく献血に行っても、血色素量(ヘモグロビン濃度)が基準値に達せずに献血ができない人もいます。その原因は主に鉄不足です。鉄不足による貧血で献血できない人の割合は、女性全体で約30%。特に16~49歳の女性で多く見られます。鉄不足を解消して、献血できる健康な体を目指しましょう。