Q11 新型インフルエンザウイルスって怖いの?

通常のインフルエンザと同様のケアが大切です

「新型インフルエンザ」とは、約10~数十年に一度出現する、それまでとは異なるタイプのA型インフルエンザのことです。誰も経験したことのないウイルスであるため、免疫をもつ人はいません。そのため、多くの人が感染することになり、加えてその症状は通常のインフルエンザと比べて重くなることが多いため、注意されています。
 通常のインフルエンザ(季節性インフルエンザ)の患者数は、少ない年で数百万人、多い年では千数百万人。2009年に発生した新型インフルエンザでは約2200万人が発病したといわれます。
 年によって流行の大小はありますが、インフルエンザが流行しない年はありません。毎年、インフルエンザには注意してください。また、09年のように例年と異なるタイミングでインフルエンザが流行することもあります。1年を通して日常的なケアを心がけましょう。