Q12 日常生活の中でできる感染対策は?

感染経路を断ち免疫力を高めましょう

かぜやインフルエンザを予防するポイントは、ウイルスの感染経路を断つことと、免疫力を高めることです。日常における対策として、次のようなことを心がけましょう。

●マスクを着用する……飛沫による感染を防ぐ他、粘膜を乾燥から保護する。
●鼻で呼吸する……口呼吸は冷たく乾いた空気が直接のどに達し、口の中やのどの粘膜がウイルスにさらされやすい。
●手洗いをする……石けんと流水で20~30秒ほどかけて手についたウイルスや細菌を洗い流す。清潔なタオルやペーパータオルで拭き、乾かす。帰宅後や食前の習慣に。
●うがいをする・のどをなめらかにする……口内の汚れを洗い流す。殺菌・消毒作用のあるうがい薬やドロップ、トローチを使用するのも一案。
●湿度を保つ……加湿器などを利用し、室内の湿度を50~60パーセントに保つ。

 その他、ウイルスへの接触機会を減らすため人混みを避ける、ストレスや疲労を上手に解消する、十分な睡眠をとることなども重要。これらが難しい場合でも、なるべく改善するよう努めましょう。また、慢性の疾患がある人は、疾患の治療をすることで重症化のリスクを減らしましょう。