Q05 リラックスするとぜん動運動が活発になるのはなぜ?

ぜん動運動は副交感神経と関係しているためです

 腸内環境を左右する要素の一つであるぜん動運動は、自律神経のうち、リラックスしている時に高まる副交感神経の働きによって行われています。このため、腸内環境を良好にするには、リラックスする工夫をして副交感神経の働きを高めることが大切。スムーズな排便によって善玉菌優位の腸内環境になれば、さらにぜん動運動が活発になるという好循環も生まれやすくなります。一方、ストレスなどによって副交感神経の働きが低下すると、ぜん動運動が停滞してしまうので、日頃からリフレッシュを心がけましょう。