Q02 花粉症はどうして起こるの?

花粉を排除しようとして起こるアレルギー反応が原因です

 花粉症は、花粉が原因で起こるアレルギー反応です。アレルギーとは、特定の物質に過剰に反応する現象のこと。アレルギー体質の人が持つIgE抗体(アレルギー抗体)が花粉を排除しようとして反応し、花粉症の症状は引き起こされます。メカニズムは次の通り。

●花粉に反応し、抗体をつくる……目や鼻、口から体内に入ってきた花粉を「敵」と判断。これらに対抗するための抗体、IgE抗体をつくる。
●IgE抗体が増加する……IgE抗体は、鼻や目の粘膜にある、アレルギー反応にかかわる肥満細胞に結合し、花粉が体内に入ってくる度に増えていく。
●化学伝達物質が放出される……IgE抗体が一定の量まで達すると、花粉と反応して粘膜を刺激する化学伝達物質であるヒスタミンやロイコトリエンなどが放出される。
●症状が現れる……これらの化学伝達物質に鼻や目の粘膜が反応し、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状を引き起こす。