Q12 糖尿病の人が食事で注意する点は?

合併症や薬によって制限が異なります

 糖尿病は、進行すると全身の血管に障害を招き、血流障害によって網膜症や腎症、神経障害などの様々な合併症を引き起こします。次のような症状のある場合は、それぞれに応じた注意が必要になります。
● 高血圧を合併している人……食塩制限と同時に、エネルギーの摂り過ぎに注意し、肥満を改善する。
● 腎症を合併している人……食塩制限の他、タンパク質制限も加わる。症状に合わせ、専門医の指示に従って食事制限を行う必要がある。
 この他に、服用している薬によっても食事に注意が必要な場合があります。糖尿病の新しい薬であるSGLT2阻害薬を服用している人は、炭水化物制限を行ってはいけません。炭水化物制限をすると、ブドウ糖の代わりに脂肪が分解されてできるケトン体がエネルギーとして使われます。これにより過度の体重減少を来す可能性があり、命にかかわる場合もあるからです。その他の糖尿病治療薬を服用している人も、医師の注意に従って食事療法を行いましょう。